【火災保険の加入者の方必見!】最も知らない仕組み

仕組みを知っていれば得をする

意外と知らない火災保険
火災以外でお金を受け取れる条件

・火災保険の申請出来る条件が知りたい。

・申請のやり方が難しそう。

・保険金受け取れる条件が知りたい。
・確実にお金が欲しい。
・火災保険を一度も申請した事がない。
・どのような時に適応するかご存知のない方!

私が実際にやって分かった。
申請から保険金受け取りまでの
条件をお伝えします。

ぜひ一読してください。

【火災以外でお金を受け取れる条件】

 

私は実際に建築士にアドバイスを
受け、全て自分自身で申請から
保険金受け取りまで出来ました。

私が受け取った火災保険金は
合計3285263円

 

火災保険
簡単に分かる動画

https://www.youtube.com/watch?v=8q5MtNRM0_Q&feature=youtu.be

 

全て自分で申請できる簡単マニュアルはコチラ


https://coconala.com/services/1558602

火災や災害には保険が使えるけど

パソコンやテレビの破損や自宅敷地内での盗難にまで使えるとは知らないですよね?

補償内容によってですが、利用できるんです!

テレビ・パソコン・盗まれた自転車など

火災保険がおりるとは知らずに自腹で買い直し損をしてしまうように、

建物も屋根・雨樋・サッシ・ベランダ・基礎のひび割れ・塀・倉庫・カーポート

等々壊れてしまった時に火災保険が適応されると知らずに

自腹で直して損をしている方々がたくさんおられます。

請求出来る条件

・持ち家

保険加入してから6か月以上ではないとできないことが多いです。

・火災保険の法律的な申請期限は「3年」

火災保険の請求権は原則的に3年で時効を迎えますので、

損害を受けてから3年以上が経過した場合は請求ができません。

 

【火災保険の補償範囲】

火災保険の補償範囲はどのようなケースをカバーしているのでしょうか。

代表的なものを具体例とともに見ていきましょう。

●火災
失火やもらい火による火災の損害の補償
例:火災により住宅が燃えてしまった等

●落雷
落雷による損害の補償
例:雷が落ちて家電製品がショートした等

●破裂・爆発
破裂や爆発による損害の補償
例:漏れたガスに引火して爆発が発生した等

●風災・雹災・雪災
風・雹・雪などによる損害を補償
例:強風で窓ガラスが割れた、割れた窓ガラスから

雨が吹き込み家電製品が使えなくなった等

●水濡れ
漏水などによる水濡れの損害を補償
例:給排水設備の故障により部屋が水浸しになった、

マンション上階からの水漏れで部屋が水浸しになった等

●水災
台風や集中豪雨による損害を補償
例:大雨で床上浸水してしまった等

●盗難
盗難にともなう、盗取・損傷・汚損による損害を補償
例:泥棒に鍵や窓ガラスを壊された、泥棒に現金や家電製品を盗まれた等

●騒擾・集団行為等にともなう暴力行為
騒擾や集団行為による暴力・破壊行為の損害を補償
例:労働争議に巻き込まれて家を壊された等

●建物外部からの物体の落下・飛来・衝突
建物外部からの物体による損害を補償
例:家に車で突っ込まれた、飛んできた野球ボールに窓ガラスを割られた等

このように火災保険は、保険会社や保険商品によって若干の違いは見られるとはいえ、

実に幅広い補償範囲を持っていると言えます。

保険会社によって補償範囲が違うので補償内容を確認してください

補償実際の具体例

・トイレ水漏れ
・フェンス破損
・流し台水つまり
・フローリング水濡れ
・洗面台シャワーホース水漏れ
・台風窓ガラス割れ
・台風で玄関ドア潰れ
・クーラー水漏れ

私が受け取った火災保険金は
合計3285263円

・トイレ水漏れ
・フェンス
保険金502622円
保険金180487円

・流し台水つまり
・フローリング水濡れ
保険金1851300円

・洗面台シャワーホース水漏れ
保険金569512円

・台風窓ガラス割れ
保険金181342円

まとめ

条件に当てはまる方で
補償の水漏れ・衝突・破損は請求出来る可能性が高いです。

保険会に問い合わせしてみてください。

※保険金申請は業者が代行やサポート出来ません。

代行を申し出る業者は法律違反で詐欺になりますので
必ずご自身で申請をなさってください。

条件に当てはまる方は

ぜひ、申請されてください。

全て自分で申請できる簡単マニュアルはコチラ


https://coconala.com/services/1558602

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です